あわーず訪問看護リハビリステーション 共同運営パートナー募集

  • お問い合わせ
  • お電話はこちら

既存事業との相乗効果・新しい価値を生み出します!

あわーずが提案するのは、単なる共同運営ではありません。訪問看護リハビリステーションに参画することにより、地域に根づいたオーナー様の既存事業との相乗効果をもたらし、より地域の皆様に寄り添ったサービスを提供することが可能になります。

オーナー様事業との相乗効果

事例開業歯科医

歯科医・看護師・言語聴覚士等が連携することにより、高齢者のかかりやすい病気の予防や、ステーションスタッフへの口腔ケアスキルの蓄積、相互紹介による案件の増加、訪問歯科開始のための下地作り等、多くのメリット・効果が得られます。

1

QCLの向上

歯科医と訪問看護リハビリの連携による効果

訪問看護・訪問リハビリの現場では、ご利用者様の口腔ケアが重要視されています。口腔ケア・治療のプロである歯科医との連携により「誤嚥性肺炎など口腔起因疾患の予防」「口から食べることによる生活の質の向上」「認知の予防疾患からの回復早期化」など多くの効果が得られます。

2

利用者様を歯科医へご紹介

看護師への口腔ケア指導・勉強会を実施

歯科医院の先生・スタッフが、訪問看護リハビリステーションの看護師に口腔ケアの指導・勉強会を実施することにより、看護師が利用者宅を訪問する際に、歯科衛生士と同等の立場で利用者に口腔ケアを実施することが可能になります。本格的な口腔ケア・治療・相談が必要であると判断した場合、ご利用者様を紹介しています。

3

歯科医の知名度向上

ご利用者様や関係事業者の知名度向上

看護師やリハビリスタッフが訪問時に歯科医院のご紹介することでご利用者様の知名度を向上させます。また、居宅支援事業所や訪問医、地域の介護事業所、病院などにステーションのマーケティングの一環として訪問する際に、歯科医院をご紹介することで、ケアマネージャーをはじめとする関係者の知名度を向上させます。

4

訪問歯科を加えることによる加算

訪問看護・訪問リハビリに訪問歯科を加えることによる加算

診療報酬上、訪問歯科が加わると加算がされ、利用者単価を上げることができます。

事例家事代行業

在宅医療と親和性が高い家事代行業。その家事代行業は訪問看護リハビリステーションを共同運営することで、顕在化しにくい在宅で過ごす高齢者の方々のニーズに応えることが可能になります。さらに、訪問看護のマーケティングを行う中で家事代行業をPRすることによって、既存事業の販路拡大に繋がります。

1

マーケティング販路の拡大

訪問看護リハビリステーションの営業で家事代行業もあわせてPR!

訪問看護リハビリステーションのマーケティング営業は、居宅支援事業所等の関係各所への訪問が主になります。訪問時に、家事代行業を合わせてPRすることによって、知名度向上・利用者増加につなげます。高齢者サービスと親和性の高い家事代行業だからこそ、関係各所へのマーケティングは高い効果が期待できます。

2

親和性の高さでお客様をご紹介

ご利用者様の家事代行のニーズに寄り添える

「庭掃除など自力で行うには難しい家事がある」「家の中で行う家事は問題ないが買い物などの外出に不安がある」訪問することで、ご利用者の方々とは信頼関係を築いており、信頼のおける医療スタッフだからこそ、ご利用者様が教えてくださるニーズもあります。家事代行業が連携をすることで、暮らしの要望に応えることが可能になるのです。

3

企業従業員へ向けてのPR

企業に向けてのアプローチでさらに販路拡大

一般的な訪問看護ステーションの営業では、居宅支援事業所等の関係各所への訪問に留まりますが、あわーずの場合、企業と企業で働く社員へもアプローチをしています。従業員向けの介護離職防止セミナーやWEBでの要介護度診断等を実施し、企業従業員の親族の介護をサポートいたします。その場で、家事代行業と連携した訪問看護リハビリをPRすることで知名度向上・利用者増加にも繋がります。

4

潜在ニーズにも応えるサービス

保険外サービスのニーズにも対応しより良い暮らしをご提供!

あわーずの場合、家事代行のニーズをヒアリングするだけではございません。ニーズを予め7つのコンテンツとして用意しておくことで、潜在化していたニーズをよりヒアリングしやすくしています。家事代行業だけではなく、他事業とも連携することで、より良い生活・環境のご提供が可能になります!